NLiss BLOG「ワクワク通信」2017年2月号リリース

お役立ち情報

2017.02.07

 

ノーザンライツでは、定期的に採用市場動向など独自に集めたデーターから分析し「ワクワク通信」としてリリースさせていただきます。今回は2 月号です。是非、ご参考にしていただければと思います。

 

1.ネット求人広告 効果UP事例 ※タウンワークネット原稿情報強化施策効果事例集より

写真追加の効果事例【和食居酒屋A社様の例】

写真を1枚→3枚に変更すると、WEB応募が0名→4名へUP
★ポイント:就業前に職場の雰囲気が想像できるような写真を利用
(外観・内観・職場のスタッフの写真と3枚を使い分け)
★カスタマーの声:「写真でお店により雰囲気が異なることが分かったし、
実際に働いている方の写真があり応募しやすかった。」

従業員の働き方・シフト収入例欄での効果事例【東京都の町工場C社様の例】

情報追加前と比較してWEB応募が2名→12名へUP!

★ポイント:働き方・シフト収入例としてターゲット毎に勤務時の収入イメージが分かるよう記載!

<記載例>あなたに合った働き方ができます★

(例1)扶養内プチ勤務Aさんの場合:時給920円X1日5hX週3日(月15日)=月収6万9000円

(例2)しっかり勤務Bさんの場合:時給920円×1日8h×週5日(月20日)=月収14万7200円

★カスタマーの声:「結局、たくさん入れる人じゃないと採用してもらえないのでは?と思っていた

ので、扶養内勤務も、ガッツリ勤務もOKというところに安心感を感じた」

「扶養内で効率よく稼いでいきたいので、週何日働けると、どれくらい稼げるか

というのがわかりやすかった」

その他項目

◆従業員構成

カスタマーは、男女比、年齢構成をチェックして自分に近い属性の方が働いているか事前に確認し

応募しています。実際に働いている人数・年齢層・男女比を記載することで、

  カスタマーが職場の雰囲気をよりイメージできるようになり、安心感が生まれ、

  応募のハードルを下げることが可能です。

 ★カスタマーの声:「50代もいるんだ!と思い応募しやすかったし、自分が最年長じゃないかと

心配がないので安心して勤務開始できた」

◆シフトの決め方

シフトの融通が利く場合、シフトサイクルやシフト提出期限、シフト確定時期などの詳細まで

記載をすることでカスタマーに魅力をアピールすることができます。

(例)シフトサイクル:1週間 シフト提出期限:シフト開始の14日前

シフト確定時期:シフト開始の12日前

※どうしても申請時のシフトに入れない場合は、前日迄に申請頂ければ調整可能です!

 ★カスタマーの声:「どれくらい先までシフトを組むのか知りたい」

「学業と両立をしたいので学生も働きやすいのか?気になる」

求職者は新しい仕事・職場に少なからず不安を抱いています。

上記は「写真でお店や一緒に働く仲間の雰囲気を伝える」「具体的なシフト例を表記する」等、そこで働く自分をイメージできるような情報を伝えることで応募効果がUPした事例です。誌面とネットがセット(転載)になっている媒体のうち、ネットに写真や情報を追加できる媒体がいくつかあります。スペースの関係上、誌面では伝えきれなかった情報をネットで伝えるのも効果UPに繋がるのではないでしょうか。また、ネットならではの検索機能を意識し、人気のキーワードなどを取り入れるのも効果的だと言われています。

2.最近増えている「履歴書不要」その効果は!?

「面接=履歴書を持っていく」のは当たり前。ただ、最近は履歴書不要の求人が増えています。

履歴書購入や証明写真撮影の経済的負担、履歴書を書く物理的負担を軽減し、応募数UPに

つなげる狙いです。実際に履歴書を不要にし、導入前に比べ応募数が140%UPになった企業もあります。

また履歴書不要には、なんと面接率UPの効果も期待できるんです!

ほとんどの求職者が「応募後」に履歴書を用意します。

そうすると、履歴書の用意の時間を考えて、面接日は応募した日の早くても翌日以降になってしまいます。

履歴書が不要なら、用意する時間がなくなり、応募したその日に手ぶらで面接」が可能になるんです。

どんな人にも時間が経つごとにモチベーションが下がって面倒臭くなることありますよね。

履歴書不要・即日面接は、応募者にモチベーションを下げる時間を与えず、面接につながりやすくなります。

応募数UP・面接率UPが期待できる「履歴書不要」。これからは「面接=手ぶら」が当たり前になるかも?

3月6日開催のワクワク勉強会、お申込みが増えてきております。ご興味のある方は是非、お早めにお申込みをお待ちしております。

  • お問い合わせはこちら

ページの先頭へ